頭脳循環を加速する若手研究者海外派遣プログラム(H22年度は「頭脳循環を活性化する若手研究者海外派遣プログラム」)「電子ビームを用いたハイパー核生成分光学の展開と崩壊パイ中間子分光学の創始」(H22~24年度)は電子線を用いてハイパー核を生成し、その生成と崩壊を観測することにより原子核の深部という極限状況における物質の性質、強い相互作用の理解を目的としています。この研究をジェファーソン国立研究所(米国ヴァージニア州)とマインツ大学原子核研究所MAMI-C加速器(ドイツマインツ)において進める上で、日本の若手研究者を中心とする国際共同研究グループを組織し、世界に通用する若手研究者の育成を狙います。

上へ戻る