過去の情報一覧

2017.08.05
A02班 中性子過剰ラムダハイパー核 6LH探索の論文が Phys. Rev. C にEditors’ Suggestionとして掲載されました。
2017.02.28
A01班の成果が日本物理学会 第22回論文賞を受賞しました。
2017.02.27
第二回検出器ワークショップを開催します
2017.02.24
第5回ウインタースクール・研究会の講義スライドがアップされました。
2017.01.05
第5回ウインタースクール・研究会を開催します。
2016.10.06
冷却原子実験から希薄中性子物質のEOSを決定
2016.08.29
NPCSM 2016が開催されます。
2016.08.22
Neutron Star Matter 2016 (NSMAT2016) を開催します。
2016.03.16
B02班: 26Oが弱非束縛状態であることを発見
2016.02.25
「低密度領域のEOS」研究会
2016.02.02
ASTRO-H打ち上げカウントダウン(H28年2月12日)
2015.12.16
第四回ウィンタースクール「中性子星の核物質」を開催します。
2015.11.26
A02班:J-PARCハドロン実験施設で“奇妙な粒子”が原子核の荷電対称性を破る現象を発見
2015.11.20
研究会 「高密度核物質に挑む実験の将来-施設・装置の観点から」を開催します。
2015.08.06
第4回研究会を開催します。
2015.07.10
新学術3領域合同シンポジウムを開催します。
2015.06.26
Numazu Workshop 2015 が開催されます。
2015.06.25
International Symposium on Physics and Astronomy of Neutron Stars and Supernovaeが本学術領域の共催で開催されました。
2015.04.03
国際シンポジウム Physics and Astronomy of Neutron Stars and Supernovaeを開催します
2015.04.02
Workshop on Science with SpiRIT TPCを開催します
2015.04.01
グザイ原子核を世界に先駆けて発見
2015.01.19
新学術領域研究会「中性子星核物質」を開催します。
2014.11.05
第3回ウインタースクールを開催します。(2nd circular)
2014.11.01
第3回研究会の発表資料を公開しました
2014.07.16
東北大 赤澤がKEK 第4回測定器開発 優秀修士論文賞 受賞
2014.07.14
中性子ハローがマグネシウム同位体にも出現
2014.06.25
R. Machleidt教授による核力の講義(連続6回)
2014.06.01
Future prospect on nuclear physics with strangeness at J-PARC
2014.05.18
Λハイパー核分光の将来
2014.04.14
中性子が多い原子核に現れる特異構造を解明
2014.03.01
International School on Neutron Star Matterを開催します
2014.02.07
研究会・セミナー情報を更新しました
2013.08.30
一般の方むけの解説を掲載しました。
2013.08.06
平成25・26年度の公募研究が決定しました
2013.01.15
ウィンタースクール『中性子星の核物質2013』が開催されます。