ミニワークショップ “原子核E1応答と核物質の状態方程式

日時: 2014年2月24日

場所: 東京工業大学 大岡山キャンパス 本館 155B号

趣旨:

近年の理論的研究から、PDRやGDR等の原子核のE1応答は核物質の状態方程式、特にシンメトリーエネルギーと相関している事が分かってきた。PDRの強度とDipole polarizabilityが最も良くシンメトリーエネルギーの密度依存性と相関があるとされているが、最近の理論計算によればこれらの相関は計算に使用する相互作用によって大きく違う事が分かってきた。これはE1応答測定実験から引き出されたシンメトリーエネルギーの情報には理論的不定性が未だ大きく存在する事を示唆している。

今回のワークショップでは様々な理論計算によるE1応答の観測量シンメトリーエネルギーとの相関を議論し、E1応答からシンメトリーエネルギーの情報を引き出す理論的不定性を減らす事を目的としている。また最新の実験結果と将来計画から理論的不定性減少のための実験的アプローチについても議論する。

プログラム

10:00 "はじめに" 栂野 泰宏 (東工大)

10:10 "E1励起から状態方程式に課される条件の不確定性" 稲倉恒法 (千葉大学) 

10:55 "EOS constrains from Nuclear Structure Studies" 佐川弘幸(会津大学) 

11:25 "Neutron-skin thickness, pygmy dipole resonance, and E1 polarizability" 江幡修一郎 (北海道大学) 

11:55 昼食

13:00 "大規模殻模型計算によるカルシウム同位体のE1励起の研究" 清水則孝(東大CNS) 

13:30 "陽子散乱によるE1応答の測定:208Pbの結果と他の標的の解析の現状" 民井淳 (大阪大学RCNP)

14:00 "Pygmy Dipole Resonance and Dipole Polarizability in 90Zr" 岩本ちひろ (大阪大学RCNP) 

14:20 Break

14:35 "Present status of complete electric dipole response of 120Sn" 橋本尚志(大阪大学RCNP) 

14:55 "中性子過剰なカルシウム同位体のE1応答の測定計画について" 栂野泰宏(東工大) 

15:25 "gamma decayによるE1強度分布の測定(予定)" 馬場秀忠(理研) 

15:55 Break

16:10 "19Bのクーロン分解反応" 生越駿(東工大) 

16:30 "22Cのクーロン分解反応" 南方亮吾(東工大) 

16:50 Discussion