プレゼンテーション

学会での発表

日本物理学会での発表とアメリカ物理学会での発表があります。

日本物理学会

  • 2013年3月26日-29日、第68回年次大会
    (広島大学 東広島キャンパス、広島)
    • NKS2崩壊点検出ドリフトチェンバーの性能評価
      • 金田雅司,神田弘樹,橋本治,藤井隆補,Brian Beckford,前田和茂,山本郁也
      • 東北大学大学院理学研究科
         
  • 2012年3月24日-27日、第67回年次大会
    (関西学院大学 西宮上ヶ原キャンパス、兵庫)
    • Performance of a Vertex Drift Chamber for the Neutral Kaon Spectrometer 2 (NKS2)
      • 金田雅司,神田弘樹,橋本治,藤井隆補,Brian Beckford,前田和茂,山本郁也
      • 東北大学大学院理学研究科
         
2008_03_26_Masashi_Kaneta_JPS_s.png
  • 2008年3月23日-26日、第63回年次大会
    (近畿大学本部(東大阪)キャンパス、大阪)
    • 26aZG-7
    • Future Plan of the Neutral Kaon Spectrometer 2 (NKS2) Experiment
      • 金田雅司 for the NKS2 Collaboration
      • 東北大学大学院理学研究科
         
2006_09_23_Masashi_Kaneta_JPS_s.png
  • 2006年9月20日-23日、秋季大会
    (奈良女子大学、奈良)
    • 23pSF-5
    • Status report of neutral Kaon study by Neutral Kaon Spectrometer 2 (NKS2)
      • 金田雅司 for the NKS2 Collaboration
      • 東北大学大学院理学研究科
         
2004_09_27_Masashi_Kaneta_JPS_autumn_s.png
  • 2004年9月27日-30日、秋季大会
    (高知大学朝倉キャンパス、高知)
    • 29aSH-8
    • Centrality and rapidity dependence of chemical freeze-out at RHIC
      • 金田雅司
      • 理研BNL研究センター
         
2004_03_27_Masashi_Kaneta_JPS_s.png
  • 2004年3月27日-30日、第59回年次大会
    (九州大学箱崎キャンパス、福岡)
    • 27aZC-6
    • Penta-Quark Search in sqrt(s_NN)=200 GeV Au+Au Collisions at RHIC-PHENIX
      • 金田雅司 for the PHENIX Cpllaboration
      • 理研BNL研究センター
         
2003_09_09_Masashi_Kaneta_JPS_meeting_s.png
  • 2003年9月9日-12日、秋季大会
    (宮崎ワールドコンベンションセンター・サミット、宮崎)
    • 実験核物理・理論核物理合同シンポジウム
      「QGP探索実験の潮流」
    • 9pSE-2
    • Low pT領域のプローブによって何が分かったか?
      -- What we learned from low pT phenomena at RHIC? --
      • 金田雅司
      • 理研BNL研究センター
        2003_09_11_Masashi_Kaneta_JPS_autumn_meeting_s.png
    • 11aSF-10
    • π0 v2 analysis in 200 GeV Au+Au Collisions
      • 金田雅司 for the PHENIX Cpllaboration
      • 理研BNL研究センター
         
         
2002_03_25_Masashi_Kaneta_JPS_s.png
  • 2002年3月24日-27日、第57回年次大会
    (立命館大びわこ・くさつキャンパス)
    • 26pXC-2
    • Hadron Spectra in Au+Au Collisions by STAR Experiment at RHIC
      • 金田雅司 for the STAR Collaboration
      • Lawrence Berkeley National Laboratory
         
1998_10_04_Masashi_Kaneta_JPS_s.png
  • 1998年10月3日-6日、1998年秋の分科会
    (秋田大学、秋田)
    • シンポジウム、高エネルギー重イオン衝突の物理
      -- RHIC前夜の総括 --
    • 4pJ-4
    • Particle production from a view point of thermal/chemical equilibrium
      • 金田雅司
      • 広島大学大学院理学研究科
         
1997_09_20_Masashi_Kaneta_JPS_s.png
  • 1997年9月20日-23日、1997年秋の分科会
    (東京都立大学、東京)
    • 22pD-4
    • CERN SPS 中心衝突における化学平衡
      • 金田雅司 for the NA44 collaboration
      • 広島大学大学院理学研究科
         
         
  • 1997年3月28日-31日、第52回年会
    (名城大学、愛知)
    • 28pYW-6
    • CERN SPS Pb+Pb 中心衝突における粒子生成比
      • 金田雅司 for the NA44 collaboration
      • 広島大学大学院理学研究科
  • 1996年3月31-4月3日、第51回年会
    (金沢大学角間キャンパス,工学部、石川)
    • 1aWB-6
    • CERN SPS 鉛+鉛衝突における発生粒子のKT分布
      • 金田雅司 for the NA44 collaboration
      • 広島大学大学院理学研究科

日米物理学会 合同核物理分科会

2005_09_20_Masashi_Kaneta_JPS_and_DNP_joint_meeting_at_Maui_s.png
  • 2005/Sep/18-22, 2nd Joint Meeting of the Nuclear Physics Divisions of the APS and The Physical Society of Japan (Maui, Hawaii)
    • CJ.00012
    • An upgraded strangeness photo-production experiment near the threshold region at LNS-Tohoku.
      • Masashi Kaneta for the NKS2 collaboration
      • Department of Physics, Tohoku University
         
2001_10_19_Masashi_Kaneta_Hawaii_s.png
  • 2001/10/17-20, First Joint Meeting of the Nuclear Physicists (Maui, Hawaii)
    • Session KA - News from RHIC: Perspectives from Theory and Experiment (INVITED session)
    • KA.004
    • Soft-hadron Physics at RHIC
      Results from the Relativistic Heavy Ion Collider (Part II)
      • Masashi Kaneta
      • Lawrence Berkeley National Laboratory
         

American Physics Society

  • 2011/Apr/30–May/03, APS April Meeting 2011 (Anaheim, CA)
    • Strangeness photoproduction near the threshold at ELPH-Tohoku
      • Masashi Kaneta for the NKS2 collaboration
      • Department of Physics, Tohoku University
         
2003_10_31_Masashi_Kaneta_DNP_meeting_s.png
  • 2003/Oct/30-Nov/1, Division of Nuclear Physics Fall Meeting (Tueson, Arizona)
    • DC.007
    • π0 v2 analysis in 200 GeV Au+Au Collisions
      • Masashi Kaneta for the PHENIX collaboration
      • RIKEN-BNL Research Center
         

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-08-21 (木) 23:34:04 (1039d)