QBI2022

開催趣旨

赤外線・X線・ガンマ線等の光子や、電子、中性子、分子、イオンといった量子線を検出・解析する科学技術は、素粒子・原子核物理学、宇宙物理学、物質科学から生命科学、医学にいたる広い分野で重要な貢献を果たしてきました。近年、これらの領域のイメージング検出技術が著しく発展しています。また、理学・工学や産官学の連携も進み、新展開が生まれつつあります。ここに、分野を横断して「量子線イメージング」を議論する場を設け、科学技術の発展と新分野の創成を目指した研究会を開催します。

開催日時、場所

Date : 26th (Mon), 27th (Tue) Sep. 2022


Registration Fee : Free (参加無料)


Venue:Conference room 2F, Administrative Headquaters building, Wako RIKEN (理研 和光地区 新本部棟) & zoom

(コロナ禍の状況によりますが国内参加者は理研における対面会議で、海外からの参加者は基本的にzoom参加のハイブリッドを予定)

Time Table

Detailed Program will be given later.

Speakers

(発表は日本語または英語。スライドは英語表記を基本にしています。)
(Presentation will be done in English or Japanese. It is recommended to preparare slides written in English.)


Keynote Lectures


Ben Mazin(UC Santa Barbara)  "Large scale MKID imager for Subaru telescope"

Abstract:
   Optical and near-IR Microwave Kinetic Inductance Detectors, or MKIDs, are superconducting detectors that can tell you the energy and arrival time of each individual photon without false counts. In this talk I will discuss the recent progress. My group has made on improving MKID spectral resolution and fielding them at some of the largest telescopes in the world. I will also discuss our efforts to broaden the scientific relevance of these detectors to other fields, including biological microscopy and dark matter detection.

Katsuyuki Taguchi(John Hopkins)  "すばる望遠鏡のための大規模マイクロ波力学インダクタンス撮像検出器"

Abstract:
   可視から近赤外域のマイクロ波力学インダクタンス検出器(MKID)は、単一光子のエネルギーと到来時刻を測定することができる撮像能力がある。UCSBグループの最近の進展について、分光能力向上といくつかの大規模望遠鏡への応用例を紹介する。また、望遠鏡以外にも生物顕微鏡や暗黒物質探査へのMKID応用の妥当性について議論する。

Mark Bautz(MIT)  ""

Invited Speakers

初井 宇記
Takaki Hatsui
(理研, RIKEN)"放射光科学向け10Tbps次世代X線画像検出器の開発 Development of 10 Tbps Next Generation X-ray imaging detector for photon science"
Olivier Limousin(CEA)
Magnus Mager(CERN)
Szyprt Paul(NIST)"Implement TESs in a table-top x-ray CT system for imaging applications."
関根 ひろし
Hiroshi Sekine
(CANON)
角田 浩司
Koji Tsunoda
(富士通, Fujitsu)
渡邉 力也
Rikiya Watanabe
(理研, RIKEN)"マイクロチップを使った新型コロナウイルスの非増幅デジタル検出技術"
安富 啓太
Keita Yasutomi
(静岡大学, Shizuoka Univ.)”A 38μm Range Precision Time-of-Flight CMOS Range Line Imager with Gating Driver Jitter Reduction Using Charge-Injection Pseudo Photocurrent Reference"

Talk, Poster

一般講演 (Contribution talk, Poster presentation) の登録も近日、本Webページで開始します。

Registration (TBA)

Registration Form

↑からお申込みいただけます。
講演申込みもこちらから。