ここは、
物理屋金田雅司
の個人ページです。
 

最近のイベント/ページの更新

  • 2018/4/1 科学研究費補助金(科研費)の内定通知があり、自分の申請した課題、基盤B「ラムダ粒子・中性子間の散乱長と有効距離の初測定:バリオン間力の統一的理解への鍵」が採択されました。
  • 2017/11-2018/3 科学者の卵養成講座の研究発展コースの1つを担当しました。「放射線測定の基礎と測定結果の可視化について」というテーマで、高校生に研究を行ってもらいました。今年度は、土壌中に含まれる放射性物質をどのように測定しているかを学んだあと、そこから出てくるγ線のエネルギー分布から、放射性物質の同定と放射能の量についてどう示せば良いかについて研究してもらいました。
  • 2017/7-2018/3 科学者の卵養成講座の研究重点コースの1つを担当しました。「飛行時間測定器 Multi-gap Resistive Plate Chamber (MRPC) 用増幅回路の開発」というテーマで、高校生に研究を行ってもらいました。成果は、日本物理学会のJr.セッションでポスター発表をとして発表しています。
  • 2016/11-2018/3 科学者の卵養成講座の研究発展コースの1つを担当しました。「放射線測定の基礎と測定結果の可視化について」というテーマで、高校生に研究を行ってもらいました。東北大青葉山キャンパスの空間線量を測定し、地図上でどのように示せばわかりやすくなるかという内容です。
  • 2016/7-2017/3 科学者の卵養成講座の研究重点コースの1つを担当しました。「最先端の粒子飛行時間測定器 Multi-gap Resistive Plate Chamber (MRPC)を自作し、宇宙線を使って性能を評価しよう」というテーマで、高校生に研究を行ってもらいました。成果は、日本物理学会のJr.セッションでポスター発表をとして発表しています。
  • 2015/11-2016/3 科学者の卵養成講座の研究発展コースの1つを担当しました。「最先端の粒子飛行時間測定器 Multi-gap Resistive Plate Chamber (MRPC)を自作し、宇宙線を使って性能を評価しよう」というテーマで、高校生に研究を行ってもらいました。
 
 

このページについて

この「金田雅司の個人ページ」に記述されていることは、金田個人の思想・信条に基づくものであり、所属している研究室の意見を代表するものではありません。 また研究分野に関しても個人の研究歴を含みますので、研究室が行っている研究と完全に一致するわけではありません。 ここにあるページの文章に基づく責任は、金田に帰します。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-14 (月) 10:35:05 (9d)