よしなしごと

宮村修

大学院に入ったとき、宮村さんはハドロン物理学研究室の助教授でした。 教授の米澤さんが退官前の一年だけ原子核理論研究室に移動するとともに、宮村さんが教授となりました。 直接の指導は杉立さんになりますが、宮村さんにもいろいろ気にかけてもらいました。 残念ながら2001年7月10日に脾臓がんの為なくなられましたが、メンターの一人であることには変わりません。

宮村さんは穏和な人で、怒るときも声を荒げておこるような人ではありませんでした。 ただ怒っているときは雰囲気でわかり、学生はレベル幾つという呼び方で恐れていました。 直接の指導をするのは理論の学生ということもあり、私が怒られたことは殆どありませんが一度だけ恐かったことがあります。

博士論分を書いていることの話です。 英語の添削をしてもらおうと途中まで書いたものを宮村さんに渡した後のことでした。 論文のコピーを手にし「金田君ちょっとおいで」と呼ばれました。 セミナー室に行き二人だけで話しを始めたのですが、雰囲気が少し違っていました。

「君の博士論文にある J/Ψ suppression のことだけど、Matsui-Satz のことしか載せていないけど最初に予言した論文のことを知っているかい」

クォーク・グルーオン・プラズマ(QGP)のシグナルとして当時非常に有効であると考えられていた物の一つに J/Ψという粒子の生成量が変化するというものがあります。 J/Ψ はチャーム・クォークと反チャーム・クォークからなる粒子で、チャーム・クォークの質量が大きいことから、核子同士の衝突では最初のパートン・パートン衝突でしか生成されません。 一方 QGP が生成された場合、チャームと反チャームが束縛する前に回りに多くある軽いクォークと束縛しDと呼ばれる粒子になってしまうと予測されます。 そのため、陽子同士衝突の場合と重イオン同士の衝突を核子あたりのエネルギーが同じ場合で比較すると J/Ψ の生成が重イオンの場合は抑制される(suppression)と予測されていました。

この J/Ψ suppression を予言したとして有名なのは、Matsui-Satz と呼ばれる論文

T.Matsui and H.Satz
BNL-38344 (June 1986),
Physics Letter B178 (1986) 416 published 9 Oct 1986 (Received 17 July 1986)

です。

QGP関係の研究をする研究室にいてそのときまで知らなかったのですが、宮村さんの話では

「もともと J/Ψ suppression のことを最初にアイディアを出して計算したのは僕なんだ。」

「Lattice QCD を使わなくても、熱・統計力学を知っていれば出来る計算ですぐに結果を出した。」

「J/Ψ の mass shift のことを最初に論文にしたんだけど、その中でも suppression のことにも触れている。」

「論文として出す前に、当時の共同研究者だった○○君(名前に記憶がない)が国際会議で松井さんに会ったときにアイディアを話してしまったんだなぁ。」

「聞いたアイディアを元に計算した結果を松井さんは論文として投稿したんだ。当時、Physics Letter のブランチが BNL にあって、アメリカにいる人は編集者とのやりとりに日数が少なくてすんだので、Matsui-Satz の論文が先にパブリッシュ(出版)されてしまった。」

「彼らがずるいのは、我々の論文のプレプリントを引用しておきながら、その中に書かれている mass shift のことにしか言及せず、きちんと書いてある

A related question is whether charmoniumlike clusters may still exist in a quark-gluon plasma. We have made tentative calculations by screened Coulombic potential and found that possibility small.

の部分を無視しているんだ。」

ということを聞かされました。 見せられた論文のコピーは

T. Hashimoto, O. Miyamura, K. Hirose, and T. Kanki
Osaka University Preprint, OUAM-86-3-3 (3 March 1986),
Physical Review Letters 57 (1986) 2123 published 27 Oct 1986 (Received 27 May 1986)

で、投稿年月日は確かに Matsui-Satz のものより早いものでした。 最初にアイディアを持ちかつ結果も持っていたのに、出版日が遅くなったため Matsui-Satz ばかりが J/Ψ suppression の代表として引用され続けている。 宮村さんは、かなり悔しい思いをして来たと思います。 しかも自分の研究室の学生までもそのことを知らないまま、自分の論文を引用していない。

「君が研究室に入ったときは米澤さんが教授だったから僕を重く思っていないのかもしれないが、、。」

と言われたのショックは忘れられません。 また、普段人を悪く言わない宮村さんが、

「Matsui-Satz は有名になったが、アイディアを盗んだということはだんだん広まっていくもので、あれほど重要視される論文を書いたら教授になって当然だけど、松井さんは当時いたMITで教授になれなかった。」

というほどであり、どれほど口惜しい思いだったか想像するに余りあります。 そして

「あまり非難ばかりしても、よくないので自分から多くの人には言わないが、君にはきちんと知っていて欲しい。」

と言われました。

松井さん本人には面識がなくこのとことを直接聞いたことがないのでどういう反論をされるか分かりませんが、宮村さんの名誉の為記述しておきます。

J/Ψ suppression を最初に言ったのは宮村修である。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-04-18 (土) 06:08:55 (3782d)