よしなしごと

海見数宏

私が大学院時代に所属していた研究グループでの、一学年下の学生の一人が海見です。

私は、大学院時代にはCERN(欧州合同原子核研究所)のSPS加速器を用いたNA44実験に参加していました。 NA44実験は、広島大学大学院理学研究科物理学専攻のハドロン物理学研究室と中間・高エネルギー物理学研究室の二つの研究室から参加していました。 実験の目的は、宇宙初期にあったと考えられているクォーク・グルーオン・プラズマ(QGP)の探索です。 QGPを地球上で生成できる唯一の方法は、高エネルギーに加速した重イオン(銅、鉛などの原子核)同士の衝突を起こさせることです。 当時はまだ衝突型加速器(BNLのRHIC, や CERNのLHC)は動いていないので、加速した重イオンを標的に当てて、そこで生じた多数の粒子の情報からQGP生成がされたかどうかを調べていました。

また、二つの研究室からNA44の実験を行っているの人々は、それと平行して BNL-RHICでのPHENIX実験準備も行っており、NA44とPHENIXの両方に関わっていました。 NA44ではデータ収集とデータ解析を、PHENIXでは開発していた検出器と関連するソフトウエアを、彼は担当していました。

彼は、同級生の間では非常に出来るという評判だったそうです。 学生実験の解析の為に彼が作ったプログラムが学生実験室のフロッピー・ディスクに残されていて、「海見」と書かれたそのディスクは後輩達からは「うみみのディスク」と呼ばれて重宝されていたということも聞きました。 海見は単に勉強が出来るだけではなく、研究面でも自分で考え、分からないことは人に聞いて進めることの出来、自分より優秀だと思える後輩の一人でした。

M1(博士課程前期1年)の最初頃は、彼はPHENIXのプログラム開発を主に担当していました。 とりまとめをしていた Vanderbilt Univ. の Charles Maguire がメイルのやりとりから、スタッフかポスドクだと思っていたという話もあります。

現在残念ながら彼はこの世に存在していません。 1996年の最後のNA44実験のビームタイムの期間に起きた事故により亡くなりました。

詳しい状況は、下の方に載せてるメイル(当時助手だった杉立さんがNA44実験とPHENIX実験のメイリング・リストに送ったもの)に書かれています。 状況は、以下の様だったそうです。

  • 11月20日の深夜、一人でオフィスに残っていて、帰ろうと思って車に行くとバッテリーがあがっていた
  • 坂道で車を手で押してエンジンをかけようとした
  • その坂道は壁があり、押している時に車と壁に挟まれた
  • 助けを求めたが、3時間近く誰にも発見されなかった
  • その夜から朝にかけて雨が降って、体温を奪われ血液の流れが悪くなり内蔵にもダメージを受けた
  • 病院に運ばれたが、11月22日永眠

事故が起きるときは、幾つかの偶然が重なって、普段起きないはずのことが起きます。 この事故も、車のバッテリーがあがっていなければ、起きなかったはずです。 そして、この CERN の車が押しがけでエンジンがかかることを知っていなかったら、一人でエンジンをかけようとしなかったかもしれません。

事故の起きたときは、私はCERNにいませんでした。 1996年のビームタイムの時は、私は最初の方の期間に、海見は後の期間に、そして大西(私と同じ学年)は最初から最後までという期間でCERNに滞在していました。 CERNでは広島グループのオフィスはメイラン・サイトに、実験室があるエリアはブレバサン・サイトにあり行き来をするのに、CERNが貸し出している車を使用していました。 3人でいたときに一度この車のバッテリーが上がってしまい、困っていると近くにいた人が押しがけでエンジンがかかることを教えてくれて、3人でエンジンをかけたことがあります。 この経験が無ければ彼は押しがけをしようとはしなかったかもしれない、そしてバッテリーが上がる原因は私がライトを消し忘れていたからです。

彼は子供の頃に親が押しがけでエンジンをかけるの見て知っていたと言っていたと、大西からは聞きました。 しかし、私がライトの消し忘れをしなければ、この事故は起きなかったかもしれないという悔いは心の底に刺さったままです。

私は学生実験の担当をしているときや、研究を行っているときに、学生さんに「絶対に一人で作業をしないように」といつも言っています。 研究が遅れようと実験が失敗しても構わないから、一人で作業をすることはしてはいけない、と。 多くの学生は、研究の方を優先しようとして、あるいはそれほど事故の起きる可能性を考えていないのかもしれませんが、一人だけでの作業や実験の準備を進めようとします。 実験や研究を進めようというやる気をそぐかもしれませんが、何度でも注意や強制的に作業をやめさせることもします。 同じような事故が二度と起きて欲しくないからです。


杉立さんからNA44, PHENIXグループに送られたメイル

From: Toru Sugitate <sugitate@afsmail.cern.ch>
Subject: Kazuhiro Kaimi
To: na44info@crnvma.cern.ch, phenix-news-l@bnl.gov,
phys-staff@sci.hiroshima-u.ac.jp,
na44_hiro@hirax2.hepl.hiroshima-u.ac.jp,
phx_hiro@hirax2.hepl.hiroshima-u.ac.jp
Date: Wed, 27 Nov 96 12:13:11 MET
Cc: sugitate@afsmail.cern.ch (Toru Sugitate [Hiroshima.CERN])

Dear friends,

Kazuhiro Kaimi, a granduated student of Hiroshima University has passed away at 6:30am on 22nd Nov. in Hopital de la Tour in Geneve by an accident during his work for NA44 at CERN. He was 24 years old. His parents and young brother have arrived on 22nd evening... His body goes back to Hiroshima with his parents in the same flight, leaving for Osaka on 28th. The funeral services would be anticipated on Sunday, 1st of Dec. (not confirmed) It is very hard, but I have to announce this very sad fact to you.

It seems he has not told anything to his parents about his life at CERN, especially his travel in the US in the last summer. If you have spent time with him, telling to the parents about how you enjoyed and/or worked with him would be very much appreciated.

Sincerely,
Toru Sugitate

Enclosed you see what Toru Sugitate knew at CERN as of 27th Nov. 1996.

On 19th evening, Kazuhiro took a dinner with Hiroaki, another NA44 colleague of Hiroshima, and drove back alone by himself to his CERN office in Meyrin side, after Hiroaki getting off at their apartment in Ferney. He logged in computers at 22:27 and continued working and submitting many jobs until at least 01:41am, when he changed his last file and saved. Dustmen found him pinned down between a drivers door and the car body on a slope next the garage, in front of his office, Rm.1-1-37, and called pompier at 04:45am. The car was pushed toward the concrete wall at a shallow angle, heading to the wall. A CERN guardman came in next, and pulled the car back and rescued him from the car. He was moved to the Hopital de la Tour at around 5am. Once he woke up from a serious condition and explained to a doctor about what was happened to him last night.

He tried to startup the engine of a blue (white) Renault car, but could not. He tried to push-start the engine using the slope. The car was going down, but moved left and pinned him down between the driver's door and the body. He could not get out from the car. He continued for hours crying for help, but none there.

That night was around freezing and rained a little. It was confirmed that the car battery was totall flat. There is scratch on the concrete wall for 2-3m long toward down and a side protection of the door is scratched hard.

Dr.Thorens of Hopital de la Tour explained to his parents that when he was moved in the hospital, his temperature was 30 deg. Doctor supposes his temperature must be much lower when he was found. His heart and all internals were seriously failing due to too low temp. The worst was plasma in blood became solidified in his body and stopped blood fluidizing. His lever stopped functioning and his kidneys and lung failed due to the lever failures. There were only small mechanical damages seen by an ultrasonic scanner, when he was moved in hospital. No internal bleeding in his lever or kidneys. The doctor clearly concluded he was killed by COLD, though he did not know why it was happened.

CERN courier に掲載された訃報

Kazuhiro Kaimi, 1972 - 1996
kaimi.jpg

It was with great sorrow that the members of the NA44 Collaboration learned of the death of our colleague, Kazuhiro Kaimi, following a serious accident on Wednesday 20th November.

He was only 24 years old, in his second year as a Ph. D. student from Hiroshima University but there were already indications that a great future lay ahead of him. We all counted on his excellent work both in the analysis of the NA44 data as well as part of the data- taking team.

He was extremely well liked and appreciated by all of us and will be remembered as a hard-working yet fun-loving, gifted young physicist. We will sorely miss him and our deep sympathy goes out to his colleagues in Hiroshima and especially to his family.

We would like to extend our sincere appreciation to the CERN community for their overwhelming response to the request for blood donors.

Friends and colleagues of the NA44 Collaboration


添付ファイル: filekaimi.jpg 392件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-01-07 (月) 21:06:30 (2421d)